リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 

村名 【ペアRP】愛しのダイナミクス【R18】

概要

村名【ペアRP】愛しのダイナミクス【R18】
村建て人御陵大地
開催国三日月国(予定)
種別【R18】完全RP
更新間隔72h
投票方法初回狼吊り
発言制限多弁
キャラセットclosure[外部リンク]
募集人数5組
編成未定(窓いっぱい)
更新時刻0:30
開催時期2022/6/3 村たて予定
役職希望あり

更新履歴

2022/3/10 Wiki公開
2022/3/19 ローカルルール/世界観 に項目追加
2022/3/30 キャラセット決定・Q&Aに追加
2022/4/17 チップ予約解禁日5/1を予定

開催日(予定)

6/3中 むらたて
6/3夜〜6/6朝 入村解禁〜プロ
6/6朝〜6/9朝 1d
6/9朝〜6/12朝 2d
6/12朝〜 エピ(延長予定)

イントロ

この世界には、第二の性『ダイナミクス』が存在する。
ダイナミクスには、大きく分けて2つの属性があり、
『Dom』は誰かをコントロールしたい欲求を、
『Sub』はコントロールされたい欲求を、
本能的に抱いている。
欲求の強さには個人差があり、重度の場合は欲求が満たされない限り、自律神経の乱れやそれに伴う体調不良など、心身及び社会生活に大きな影響を及ぼすため、対策が必要となる。
一時的には薬の服用で症状を抑制し、凌ぐことも可能になってきてはいるが、基本的には定期的な欲求発散が望ましいとされている。
これらのことは、義務教育で教えることが義務付けられている。

ローカルルール/世界観

参考[外部リンク]

ダイナミクス
男女の性とは別にこの世界に存在する、『第二の性』。
ダイナミクスには大きく分けて二つの属性があり、それぞれを『Dom(Dominant)』『Sub(Submissive)』と称する。
ダイナミクスは全人口の半数程度が保有するとされ、残りの半数はダイナミクスを持たない『Normal』。
また、Dom/Subどちらの属性も持ち、時々によってどちらにも成り得る『Switch』がごく少数存在している。
Dom(Dominant)
『誰かをコントロールしたい』欲求を持つダイナミクス。
その欲求は「支配したい」「束縛したい」「守りたい」「甘やかしたい」「信頼されたい」など、細分化すれば多岐にわたる。
複数の欲求が混在する場合も、一部に特化している場合もある。
Sub(Submissive)
『誰かにコントロールされたい』欲求を持つダイナミクス。
その欲求は「支配されたい」「束縛されたい」「守られたい」「誉められたい」「心身を委ねたい」など、細分化すれば多岐にわたる。
複数の欲求が混在する場合も、一部に特化している場合もある。
Switch
『Dom』『Sub』どちらの属性も持ち、時々によってどちらにも成り得る。
先天的な『Switch』と後天的な『Switch』がおり、基本的な性質はどちらにも差異はないが、後天的に『Switch』となった者の多くは生まれついては『Dom/Sub』いずれかの属性を有していたケースが多く、その場合は何らかの転機を得てもう一方の属性も得たということになる。
Play
ダイナミクスによる欲求を解消するための行為。
多く性的な接触を伴うが、必ずしも必須ではない。
基本的なPlayの形式については、後述。
パートナー
この世界における『パートナー』は、一般的に、対となるダイナミクスを持つ二人の関係性の一つを言う。(片方、及び双方がSwitchである場合も含む。)
婚姻などの法的な拘束力はないが、互いに信頼を結んだという証明として、『Dom』は『Sub』へ『Coller(首輪)』を贈ることが多い。
Collar(首輪)
パートナーのいる『Sub』が身に着ける首周りの装飾品。
必ずしも首輪の形状はしておらず、ドッグタグやチョーカー、スカーフなどを身に着けることもある。
まれに、パートナーのいる『Dom』もCollarを身に着けていることがあるが、割合レアケース。
代わるものとしてDomはしばしば腕輪などを身に着ける。
一方で、そう言ったものを身に着けることを嫌うDomもいる。
Command(命令)
『Dom』が相手をコントロールする意図で発する言葉。
(この村においては、Commandは『』等で囲ったり、太字にするなどで強調することを推奨します。各ペアごとにルールをお決めください。)
一般的なCommand Wordもいくつか存在しているが、形式に捕らわれないCommandを使うDomも多い。
重要なポイントは、「Domが相手をコントロールする意図をもって発する」点。
パートナーのいるSubは、パートナー以外のDomの発するCommandに対し耐性を持つが、この耐性はパートナーへの信頼度により増減する。(パートナーと強固な信頼関係が築けていれば、パートナー以外のDomのCommandから受ける影響はより少なくなる。)
また、パートナーのいないSubはDomによるCommandの影響を如実に受けることもあり、
相手の同意を得ないCommandの使用は一般的に禁止されている。
禁止Command
以下のCommandは特に法律上で禁止されている。
(該当のCommandを使用したことが証明されれば刑罰が生じる)
 ・『死ね』及びそれに準ずるCommand
 (『呼吸を止めろ』『(高いところから)飛び降りろ』など)
ただし例外として、そのCommandが相手の命を救う目的で発せられる場合は許容される。
 例)火災現場において、致死性のガスが充満する中での『呼吸を止めろ』
Glare(グレア)
Domに特有の、相手へと与える圧。
威嚇のようなものだが、言葉や声、視線はあくまでこれに伴うものであり、Glareそのものはオーラに近い。
特に、強い怒りなどの感情に伴い、無意識に発してしまうことが多く、それ故コントロールされないむき出しの感情を直接ぶつけるような状況になりがちである。
Glareにあてられた者は、ダイナミクスに関わらず、ごく短時間の行動・思考不能に陥り、場合によってはパニック症状を引き起こす。
Defense(ディフェンス)
パートナーのいるDomが、パートナーのSubを他のDomやSwitchから守るために本能的に行う威嚇行為。
しばしばGlareを伴う。
また、まれにパートナーとして成立する前のDomが、意中のSubを守るために行う事がある。
未熟なDomでは対象に暴力行為を働いてしまうこともある。

Playについて(教科書知識)

主導権はDomに、決定権はSubに
Playとは必ず、双方の同意の下行われなければなりません。
主導権はその性質上、Domの側にありますが、行為の決定権は常にSubにあります。
Playを行う際には必ず、事前に『セーフワード』を設定しましょう。
セーフワードについて
Playの主導権はDomにあるからこそ、Subの許容を超えることがあってはいけません。
Subは許容を超える前に、『セーフワード』を使いましょう。
Subが『セーフワード』を口にした場合、Domは即座にその行為を中止し、『アフターケア』に努めねばなりません。
『セーフワード』は、Subが意図せず口にすることのない単語で、かつ緊急時に発声しやすいものが推奨されます。
Playの基本的な流れ
DomはCommandによってSubをコントロールします。
上手にできたら誉め、上手くできなければお仕置きをしましょう。
お仕置きに耐えたSubを、Domは十分に誉めてあげなくてはなりません。
Playの最後には必ず、『アフターケア』を行いましょう。
アフターケアとは
DomがSubに行う、Playの締めくくりとなる行為です。
Domは自分の期待に応えた(あるいは応えようと努めた)Subを、十分に褒めてあげなくてはいけません。
これは、双方の信頼を築くために非常に重要な時間となります。
十分なスキンシップも同時にとりましょう。
相性の良いDomが相手だと、SubはPlay中やアフターケア中に『Subスペース』に入ることがあります。
誉める、お仕置き
Commandに従えたら誉める。
従えなかったらお仕置きをする。
これらは必ずセットです。
上手にできなかったけれど誉める、というのは不適切な甘やかし方です。
失敗したときに叱ってもらうのも、Subにとっては重要なコミュニケーションとなります。
(後述:Sub Dropにて追記)
失敗してしまったSubを誉めてあげるのは、お仕置きに耐えてから。
がんばったね、と存分に褒めてあげましょう。
Subスペース
SubがPlayを通して相手のDomに心身を預けられた時に起こり得る、非常にリラックスした状態です。
Subにとってはとても良い状態であり、満たされた心地になるばかりでなく、自律神経にも良い影響を与えます。
(『Subスペースに入る』と表現されます。)
傍から見た様相としては、夢うつつに近いようです。
十分な信頼関係が築けている証拠でもあるので、パートナーのSubがSubスペースに入ったなら、そのDomは誇って良いと言えるでしょう。
Sub Drop
Subが陥ることのあるバッドトリップの一種です。
主に、Domから与えられたCommandに従えず、従えない自分自身を強く責めることで起こり得ます。
SubをSub Dropさせないためにも、Commandに従えなかったSubに対し、Domは適切なお仕置きを与えなくてはなりません。
Subが自罰に走る前にきちんとお仕置きすることでSubのメンタルコントロールを行いましょう。
Domの与えるお仕置きは、Subにとってはやり直しのチャンスでもあります。
また、『Subが絶対に従えないようなCommand』を与えない、ということも重要と言えるでしょう。
いずれにしても、互いのことをよく知り、適切な信頼関係を抱くことが大切であるのは間違いありません。

Command(汎用)

こちらに示すのはあくまで教科書的な意味ですので、状況に応じて命令の意味合いが変わることもあります。

Kneel(お座り)
初級Commandの代表格。
正しい姿勢は、お尻と膝を床について、足首をお尻の両脇に持ってくるスタイル。
Come(おいで)
初級Commandの代表格。
目の前に来て、対面状態で立ち止まる。
Kiss(キスして)
文字通り、キスを要求するCommandです。
指差しを組み合わせると、どこにキスして欲しいという意味になります。
Crawl(伏せ)
Play向けCommandの一つ。
上半身を床などにつけ、お尻を高く上げた姿勢。
お仕置きの一例として、Crawlからお尻をスパンキングするPlayがあります。
Strip(脱げ)
Play向けCommandの一つ。
読んで字のごとく、脱げ。
Present(日本語略)
上級Command。Play専用。
他のCommandと組み合わせて使われることが多い。
脚を開いて局部を見せろ、という意味。
Play中にSubに対してこのCommandを使用した場合、ちゃんと責任を取ってあげましょう。(放置するとSub Dropの要因にもなり得ます)
Good Boy(よくできました)
誉めCommand。
Commandの一種ではあるが、唯一命令ではない汎用Command。
適度なスキンシップも併用するとより効果的。

役職設定

窓いっぱい(詳細後日)

処刑襲撃設定および指針

初回狼吊りエンド(吊り先指定)

発言ルール

灰以外の全てのログ、ACTでのPL発言は禁止とします。
ただし例外として、村たてPCへの秘話のみ、緊急時の中身発言が可能です。
秘話は表・窓に対する裏発言です。ポイント秘話にとどめてください。
R18描写の場合は個室(窓)を使用すること。
メモでのPL発言はOKです。

発音不可記号(///、☆、♪等)の使用は基本禁止です。
どうしても使いたい場合は村建てにご相談ください。
…、ッ、!、?等は使用可能です。

禁止事項

掛け持ち非推奨です。
どうしてもかぶる場合は、相方とよく相談の上、事前に村たてまでお知らせください。

この村は、ペア村です。
また、この村での交流はペア内のみとし、ペア相手以外との交流は原則非推奨です。
ペアのお相手は基本的に貴方以外絡む相手がいません。

推奨事項

レーティングはR18、薔薇百合もアリとします。
存分に楽しんでください。
ペアの方とよく相談の上ご参加ください。
最重要です!
ペア相手と、PLPC双方においてよく相談してください!
進行中も外部ツールによる相談を可とします。
(但しペア以外の方とは進行中外部ツールで村の話をするのは禁止です。例外は、村建てへの緊急連絡のみ可。)
ロールの幅を広げるためにR18をつけておきますが、必須ではありません。

参加CO

ペアNo.IDコメント
00だいち村建て
00sammy村建て相方
01yahiroおじゃま
01nagaren_rpします!(=nagaren)
02
02
03
03
04
04
05
05

※お問い合わせ等は、Twitterで「御陵大地」で検索してください。

相方募集枠
参加したいけどペア相手がいない!という方はこちらへ。
記入されている方に声をかけても構いませんし、声をかけづらい方は村たてにぶん投げるとマッチングのお手伝いができるかもしれません。
 ※ 定型文
 A やりたいことあるのでお付き合いください
 B 一緒に設定相談したいです
 C 設定など何も思いついてませんのでリードしてくれる人募集中
 D 設定なすり合わせは最低限で即興併せがしたい!
 E その他
IDやりたいこと相手に求めることその他連絡先
……ID、※、連絡先欄必須

キャラセット

closure[外部リンク]

キャラチップ予約

2022/5/1

ペア第一希望第二希望備考
A宮代
Aエヴァルト
B狗井
B針山
C
C
D
D
E
E
F
F

チップ摺合せ欄


Q&A

再演キャラの持ち込みはあり?
推奨しませんが、ご希望の場合はご相談を。
♡マーク使うのだめ?
♡マークでなければ表現できないものであればOKです。
そういうこともありますよね。
お相手様と合意が取れていれば概ね許可するので他の記号についてもお気軽にお問い合わせください。

コメント



リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team[外部リンク]. License is GPL[外部リンク].
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji[外部リンク] Powered by PHP 5.3.3