リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 

村名:Somebody in the Someone

コンテンツ&追加

吊り・襲撃に関して追記[外部リンク]3/26更新

国主様と連絡がつき村のエラーは解消されました。

鯖でテスト中らしくまたトラブルが発生するかも知れないとの事です。

折角修正して貰いましたし村も立ってるので此の侭続行します。

問題が発生しても泣かないで下さい。

アーヴァインキャラ設定追記[外部リンク]

村設定

村名Somebody in the Someone
主催tyunyan
種別精神世界の戦闘推奨R18
更新間隔48(三日目以降地上組の意向)
投票方法記名投票
発言制限多弁用
キャラセット人狼審問
文章人狼審問
人数ダミー込み9〜14
編成囁き狂人入り
更新時刻0時
開催時期2008.3.22
役職希望有効

参加前に必ず一読する事[外部リンク]

あらすじ

 見開いた眸には暗い天井が映った。

 カーテンの隙間から僅かに差し込むだけのまあるい月の光は明るく、見開かれた矢車菊の双眸に乳白色の柔らかな色を添えるだけでなく、子供には夜な夜な蠢いて笑っている気がするであろう何処となく顔を想わせる天井のシミすら、薄っすらと浮かび上がらせている。|
 若し、矢車菊の眸が其処に笑顔を見れるならば、其れは二度と逢う事の叶わぬ者の歪んだ笑顔であったろうけれど、幸か不幸か見開いた侭の眸は未だに何も捉えては居らず、ただただ揺れるばかり。



 頭を抱えようとしてぎちりと寝具にあるまじき音を立ててベットが軋むのに、漸く自身の身が寝返りすら打てない状況で拘束されているのに気付き、唇は何事かを紡ぎやがて空気を震わせ始める。



「…う、違う、違う、違う、違う!違うっ!」


 徐々に大きくなる声は部屋に木霊して、身動きも取れない胸元が上下し激しく咳き込むまで絶叫は続き、やがてぜいぜいと荒い息遣いだけが静まり返った冷に響き、呼吸が整うとくすくすと少女の様な偲び笑いを漏らす。



「何が違うものですか、この手が血に染まっているのは紛れも無い事実。

 嗚呼、あの人ったら私を味わいながら震える手で私の胸を撫でて…

 耳元で愛を囁く声ったらなんて素敵だったのかしら、ねぇ?」



「月の光に綺羅綺羅煌く芳しい紅の香りに満たされるのは悪くない。

 其れに彼の頬肉の脂の乗り方は中々に素晴らしかった。

 私達は彼を喰らい、解け合い、彼と一つに成ったんだ。」



 唄う様に紡がれる言葉に返す言葉は何処までも静かで、しかし何処か恍惚とした陶酔の中から紡がれているのか夢見心地。



「あの頬肉は旨かったなぁ、また喰いてぇよ。」



「未だこの胸に彼の鼓動を感じている様よ。

 私の頬を撫ぜて泣く程に私を愛していたのだもの。

 彼も私と一つに成れてさぞ悦んで居るわ。」



 粗野な口調に返される甘えた少女の口調、どれもこれもが声音を変えようとも同じ声帯を震わせて紡がれて、室内にはたった一人の人物が月明かりに照らされベットに括りつけられているだけ。



「やめて、やめて…」



 掠れた泣き声に飲み込まれやがてまた眠りに落ちる。







―――― I kill me....







 眠りの淵で唇は確かにそう紡いだ。


ルール

  • 開催◇似顔絵人狼[外部リンク]
  • 概念◇完全RPエログロ狂気推奨R18村
  • 人数◇11人〜13人(ダミー込み)
  • 時間◇村立時期未定48時間進行(3日目以降は地上組次第)

    基本的に進行中の掛け持ちは不可。

    強制ではなく基本ですのでご自身で判断をして下さい。

    希望日程ある方はお早めに申告を。

世界観

  • 移動範囲
    • 精神世界
      • 中央の間

        各人格へ通ずる扉があり全人格が出入り出来る。
      • 記憶の間

        各人格の記憶の間であり他の人格が覗く事が可能。

        是に関しては全人格が共通の認識として持ち合わせているがこの場合は記憶を見れる各人格の取捨選択により態と其の記憶を見ないと言う選択肢もある。
      • 記憶の宮殿

        各人格の固有の間であり人格毎の記憶がある。

        此処に別の人格が入り込むには

        ・ある程度其の人格と同調しているか

        ・領域主人格の同意を得るか

        ・無理矢理に押し入る場合には乱数勝負

        を必要とするだろう。

        ※基本的に個人領域での記憶も表発言とし他人格との記憶共有を容易にしつつ中身視点でしか知らない他人格の記憶が創られると面白そう。
    • 現実世界
      現実世界で動けるのは常に壱人格のみ。

      人格交代は

      ・領域主人格の同意を得るか

      ・無理矢理に押し入る場合には乱数勝負

      を必要とするだろう。

      各人格で別の見え方をするかも知れない。
      • ???

        基本は云った者勝ち。

        最終的に人格が統合されれば現実世界もきちんと形成される。
  • 格部分

    物語を進める上で肝に銘じておくと良いもの。
    • 全てのキャラは一個人の一人格に過ぎない。

      現実世界・精神世界、共に外見や世界の描写は可能だが、基本的に自キャラにそう見えているだけで、本来の姿や形や記憶や感じる五感全てに至るまで不確定なもの。
    • 必要なのは精神力と口先。

      共用の間に流れる音楽ひとつ取っても変更するには其の時点の決定者の了承、若しくは相手の精神力を凌駕する強い意思が必要と成る。

      是無くしては他の人格に云い様に使われる可能性もある。(態と弱者を演じる事も可能)
    • 精神世界なので結構なんでもあり。

      内臓が破裂しようが頭が飛ぼうがキリング終了までは生きているし場合に寄っては再生も可能。
      • 但し基本的に個々の人格毎に五感はあるので苦痛等はある。

        中には同調する人格が破壊されればダメージを受ける人格もあるだろうか?

役職説明

  • 特殊設定

    君達は全員がひとりの人間の中に在る人格である。

    多重人格殺人鬼の精神世界がメインと成る。

    全員が血に塗れ戦う必要も無いだろうし仔細な設定は各人の裁量で。

    但しエログロ狂気村としてのキャラである事をきちんと念頭に置く事。
    • 村側陣営

      様々な嗜好のもとに殺戮を好む人格。
      •  村人:
      •  占い師:
      •  霊能者:
      •  守護者:

        各人の能力設定は自由。
    • 狼側陣営

      殺戮を止める為に自己の人格を破壊する人格。
      •  人狼:
      •  囁き狂人:直接に他の人格破壊をせず彼等に賛同する。

吊り・襲撃

破壊された人格は下位人格と成り上位人格の行動を制御出来ない。

破壊された人格の記憶領域の扉は共用の場より消失。

■加筆部分:遺体に関してはキリング後は消失してしまいます。

肉体がある訳では無いので同じ精神が下位人格へと以降します。

赤ログでのキリングはお好みで構いませんが遺体発見は基本的に不可能です。

中央の間の扉が消失する事で人格の弱体化を知ります。

特に残したいものがある場合には早目に申告しましょう。■此処まで

  •  吊り:邪魔な人格を排除する。

    通常の投票時は各自中身視点できちんと考えて投票。
    • 委任時は委任RPをする事。
    • キリング描写の希望者は更新後12時間以内に名乗り複数居る場合は話し合い。
    • 吊られる者が事前に誰に殺されたいか希望しておくのもあり。

      双方の了承があれば乱数勝負も無くキリングの吊り希望も認める。
    • 乱数勝負も可能。

      乱数含め詳細はtyunyanのページ参照[外部リンク]
      • この村に於いてはキリング以外の乱数勝負も推奨。

        精神世界で相手と対立した場合にはお互いの精神力で勝負するもよし。

        行き成り乱数を挑むよりは会話での駆け引きと合わせて利用する事。
      • 乱数勝負も強制ではありませんのでRP上の駆け引きで勝負しても構いません。
  •  襲撃:殺人鬼人格達を破壊する。

進行

  • プロローグ

    入村時は全員が未だ通常の精神世界。

    希望があれば現実世界でのキリング等も可能。

    但し現実世界での外見確定描写は不可。

    鏡に映っても其の人格にはそう見えるだけの事である。

    必要な人はメモで打ち合わせ縁故など結ぶ。
  • 一日目

    ダミーキャラが不穏な気配を感じ他人格へと注意を促す。
  • 二日目

    ダミーキャラ人格の破壊に依り精神世界のバランスが崩れる。
  • 三日目以降

    人格破壊は続く。
  • エピローグ

    キャストロールを落とし中発言解禁。

    エンドロールも可能。

    生存キャラが複数居る場合は現実世界での人物描写は不可。

    エピローグでも乱数を用いる等し最終勝利者がひとりと成り主人格が確定した場合のみ現実世界の描写も可能。

配役

R18村の為に基本幼児は非推奨。

  • 縁故◇適当に

    必要そうならメモで話し合い結ぶ程度で構いません。

    基本此処に書かれる掟に則り必要時は各自メモで提案。

    各人は縁故を組んだら此方も更新を推奨。
  • キャラ名:
    • 名前:
    • 設定:
    • 縁故:
      • 縁故先キャラ名
    • 主な参加時間:
  • アーヴァイン
    • 名前:エディ・アーヴァイン
    • 設定:他の人格の前では常に影として姿を現す。

      沈着冷静で強い精神力を持つ。

      殺した相手の一部をコレクションしている様だ。
    • 縁故:各人格に一目置かれる存在。
      • 各人格と適度な距離を取り接する。
    • 主な参加時間:NPCとして常時利用可能。
  • シャーロット:
    • 名前:シャーロット・エーメリー
    • 設定:年齢的には十代半ば(16歳前後と思われる)。

      左目が義眼であり、金色の瞳を持つ。

      (右は蒼色の瞳、現在喪失中)

      左目の義眼はヒューバートから与えられた物。

      しかし本人にはその記憶は無い。

      両耳に薄藍色のピアス。元はラッセルの物。

      服装はラッセルの設定欄を参照。

      カーニバルレッドの太いリボンタイとプリーツスカート

      白いソックスは足首で折り返されている。

      右腕に蛇の形が浮き上がっている。





      記憶は全てパズルピースに変えられている。

      欠け具合によって記憶を失っている部分がある。

      ピースを全て組み立てることによって、現実との干渉が可能。

      現在散乱中。記憶をピース化したのは兄。





      童歌・手まり歌等でピースの引寄せ・組み立てが可能。

      美しいものを愛し、頭(こうべ)を手鞠に、

      キレイな膚を使い人形にしたいと考えている。

      和風の玩具や唄を好む。



      常に紅い椿の樹が傍らに。

      落ちた花だけを愛でる。


  • 縁故:
    • ラッセル:兄。記憶をピース化した張本人。

      恨めない、憎めない、逆らえない相手。

      現在シャーロットの右目を持っている。

      彼の右目とシャーロットの左目の義眼は対。


    • ナサニエル:現実世界に干渉できないシャーロットの変わりに、

      玩具の調達を依頼する。


    • セシリア:彼女によって、性を穢された過去が有る。

      しかしシャーロットの手には、その記憶のピースは無い。

      畏怖を感じるが、避けることはしない。


    • ハーヴェイ:相互嫌悪感を抱く。

      彼によって、現在右目を喪失中。

      名前の記憶が無い。


    • ローズマリー:姉であり、母であり、兄よりも絶対的な存在。

      最大の情を捧げる。


    • ニーナ:根本的に合わない。声は神経を逆なでするノイズ。

      ラッセルが奪った記憶の一部を保持。

      普段は無関心。


  • ラッセル
    • 名前:ラッセル・エーメリー
    • 設定:18歳の少年の人格。

      右目が金色の瞳の義眼。左が蒼色の瞳(シャーロットと対の位置)
      • 衣装:ネイビーブルーのブレザー/カーニバルレッドに細いイエローのストライプの入ったタイ/黒の革靴
      • 目がない白蛇

        ある条件で赤く染まってゆく
      • 緑の蝋燭に青い火
      • 翼:ステラから奪った羽。自分の背中についているが、時に蛇に移動。色は翼面全体が白
    • 縁故
      • シャーロット:妹人格。義眼の位置が対。かつて記憶を壊し、完成させるとまた壊す。
      • ステラ:かつて羽を奪った。彼女に対し母なる者への憎悪を顕すことがある。
      • セシリア:時に共犯関係。女性にのみに向かう愛情の表出に関心。
      • ヒューバート:ダッドと呼ぶ父性を感じる男性。
      • ハーヴェイ:友達。
    • 記憶の宮殿:闇の中(今のところ)。音の鳴らないレコードが回り続けている。時々つくテレビ。
    • 記憶の間:海と砂浜。その境に扉。波打ち際にはベッド。椰子の木の木陰にハンモック。そばにテーブルとラジカセ。海からは鉄の巨大ザメの亡骸の尾だけが聳え立っている。
      • 洞窟:椰子とバナナの木々が生い茂る中を越えた岩間の奥に入り口。道はところどころに裂け目。中には黒蛇の群れ。
      • 洞窟部屋:御影石の寝台。
      • 宮殿への入り口:部屋の奥に更に部屋があって、右と左に続く廊下。どちらかが宮殿への正しい入り口(時によって変わる)
    • 主な参加時間:夜21時以降(夕方も時折)
  • セシリア
    • 名前:セシリア・スティンジアノ
    • 設定:18歳の少女の人格。

      淡く且つ愉快的な笑みを浮かべる。

      母性的なものに飢えており、

      女性に対して歪んだ情欲を抱くレズビアン。

      現実世界で起こったレイプ事件は彼女の犯行であることが多々。

      男性――或いは男性人格には、わりと偏見無く接す。

      服装:濁赤のカーディガンの下は、ニーナの洋装に似た黒のロングワンピース。

      足首より少し上で、スカートは靡く。
  • 縁故:
    • シャーロット:興味と性欲の対象。"奪った"こともある。
    • ラッセル:時に共犯者として。妹を弄ぶ彼に興味。
    • ステラ:慕情。母の憧憬を見ているかのよう。
    • ヒューバート:時に競うて。時に遊戯を。此方も又同様の嫉妬を抱いていても面白そう。
    • ナサニエル:相容れない。(今後の展開次第で変化あり?)
    • ニーナ:本当の妹のように心を許している。
    • ローズマリー:情欲の対象。美しいが故、穢してみたい。
    • ギルバート:仲の好い友人。スキンシップも好意の表れ。
  • 少女の記憶の宮殿:
    様々な花が咲き乱れる。季節も何も関係無い、狂い咲き。

    空間一面を花が埋め尽くしている。

    記憶の間にも、幾許かの花が咲く。

    (桜がステラと被ったので若干変更しました)
  • 主な参加時間:概ね夜
  • ニーナ
    • 名前:ニーナ=パルカ
    • 設定:10代真ん中くらいの外見。

      喜怒哀楽の哀が薄く、楽が強い。

      蒼い髪、紺碧の瞳。黒いワンピースを着ている。

      左の肩にヒューバートに彫ってもらった三編みの孔雀羽が飾る水瓶の刺青がある。

      記憶の宮殿は、赤い血の海と白いキャンバスの様な壁。

      其処には血で描かれた無数の絵がある。

      宮殿の入り口は、彼女の絵。
  • 縁故:
    • セシリア:お姉ちゃん。
    • ステラ:お母ちゃん。
    • シャロ:仲良くなってみたいのだよ!
    • ローズ:ミシェルもローズも好きなのだよ。
    • ヒューバート:気が赦せる父親的存在。
      ある程度、自分の人格へ干渉してきても拒まない。
  • 主な参加時間:夜。時折、昼。
  • ステラ
    • 名前:ステラ・マリス
    • 設定:20代半ば女性人格の自称天使。

      性格は温厚で基本的に他の人格に対しての物腰も柔らか。

      現実との境界は曖昧で過去に空を飛ぼうとして肉体が大怪我をした。
      • 記憶の間の至る所では羽根が舞っている。

        三叉路の一本は記憶の間へ一本は桜の森への扉へ続いている。

        脇道に入れば其処は迷路の様に入り組んで様々な記憶があるだろう。
      • 記憶の宮殿は一本の桜の木と小さな泉がある。

        木も泉も精神状態に左右され状態は常に変化をしている様だ。
      • ラッセルから羽を奪還するまで各人との乱数勝負は此方の数値マイナス10。

        (対等を希望される場合にはRPでハンデでも頂ければと思います)
      • 此方からはグロが主ですが振られる分にはエロも可能です。

        (犯す場合には乱数勝負をお願いします)
    • 縁故:
      • ヒューバート:主

        唯一人、自身の記憶の宮殿へ出入り出来る存在。

        乱数勝負を挑む場合には此方の数値マイナス30。
      • ラッセル:悪魔

        大切な"羽"を奪われ怯えながらも度々返せと迫る。
      • ナサニエル:恩人

        "水"に関わりのある場所で他の人格に秘密裏に後始末をして貰った。
      • セシリア:娘

        護るべき存在であり母性に近い感情を抱いている。
      • ハーヴェイ:息子

        反抗期らしきに手を焼くも何処か放っておけない。
      • ニーナ:友人

        無邪気であどけない笑顔に返す微笑みも柔らかい。
      • シャーロット:姫君

        "悪魔"の大切なお姫様と云った印象を抱いている。
      • ローズマリー:女

        向けられる感情の原因を知らぬ侭にも引け目を感じて居る。
      • ギルバート:演者

        時折現実での所有物であるLPを借りている。
    • 主な参加時間:主に夜(昼や夕方も時折)
  • ナサニエル
    • 名前:ナサニエル・アルファ
    • 設定:25歳の男の人格。

      表情が乏しく、やや機械的な喋り方をする。

      精神世界と現実世界、どちらも同等の仮想現実であり、自分自身もその世界に作り出されたキャラクターである――と思い込んでいる。

      それ故、彼が現実世界で動いている際は、傷を負っても痛みを感じることはない。

      精神世界では青年の姿を取るが、体温がなく、血を流すこともない。

      (ダメージ自体は他の人格と同様に受けている、ということで)
      • 記憶の間:記憶は書庫の中に、書物の形で納まっている。

        書物の中身は、縁故やその記憶への関わり方によって、見え方が違う。

        (0と1の羅列、文章、立体映像等)

        その辺の匙加減は覗いた人に任せる。
      • 記憶の宮殿:床・天井・壁が全て正方形の部屋。

        一面に血管が張り巡らされ、それは全てが一番奥の壁にある心臓へと繋がっている。

        壁や床には一面に文字(記憶の間の書物と同様の状態)が表示され、それはナサニエルの「感情を含んだ記憶」を表している。

        ナサニエルはここに踏み込んでいる時以外、ここにある記憶と、「この場所に何があるのか」を忘却している。
  • 縁故:
    • シャーロット:依頼主。彼女の代わりに現実世界での行動を起こすことがある。
    • ステラ:憐憫の情を持つ。
    • セシリア:穢らわしい存在。ステラと対なる感情。
    • ローズマリー:信用している。
  • 主な参加時間:夜メイン、時折昼
  • ヒューバート
    • 名前:ヒューバート=ルッグフェルト
    • 設定:やや軽薄な語り口が特徴の好色な人格。

      集中力と精密作業に優れ、刺青の技術を持って居る。



      精神世界では左半身に精緻な刺青を施した男の姿。

      目立つ意匠は、左頬に大きく描かれた琥珀色の蜘蛛。



      記憶の宮殿は漆黒の迷宮。巨大な蜘蛛の巣を塒として張る。

      一見平坦に塗り潰されているように見える壁は全て点描で描かれた絵画であり記憶。

      獲物との"秘めごと"は他人格へは滅多に見せない。任意の場所で記憶を読む場合は乱数勝負。
  • 縁故:基本的に年下人格はみなかわいがってるような。

    ティーンエイジャーには此方から性的接触はしない予定だが、

    キャラで強請られた場合はその時考えようと。


    • アーヴァイン:一人格で担いきれない"父性"を分け合う。
    • ステラ:かわいそうな"天使"へ捧げるのは最上の支配。
    • セシリア:獲物を介して愉しい遊戯を。
    • ニーナ:仲良しなコ。水瓶の刺青にはひみつがひとつ…企み笑いがかわいくて。
    • ラッセル:彼が抱える飢えは美味。ステラの羽根を奪ったことには密かな感謝を。
    • シャーロット:閉じた世界の住人。欠けることのないピースは彼女に故も告げぬままやさしく。
    • ナサニエル:最も"融合"しやすい人格ではないかと感じる。深入りを避けながらの興味。Thrill。
    • ギルバート:手がかからない分心配なコ。子供というより友人に近い数少ない存在。
    • ハーヴェイ:充足を挟み対極に在る。触れて得られるkatharsisは魔物。
    • ローズマリー:現状をしあわせとするなら其の象徴。たいせつなお嬢さんへ捧げるのは遠巻きの好意。
  • 主な参加時間:基本夜。時間帯は日によって不定期。たまに昼。
  • ハーヴェイ
    • ハーヴェイ・マーキス(20歳)
    • アーヴァインや表に出ている人格が受けるあらゆるストレスの大部分を引き受ける

      自傷癖や爪を噛むがあり見る者すべてが気に入らない。
    • 身体的特徴
      • 左手に赤い(もともと赤い)包帯。ストレスがたまっていくとその赤も深まる
      • 常に紅い柄のナイフを所持
      • 腕や手首には無数のリストカットの跡

    • 縁故
      • ヒューバート、ステラ>反抗期のような態度
      • ラッセル>友人
      • シャーロット>心底嫌っている
    • 宮殿の内装
      赤と黒のタイルが敷き詰められた床。濡れていないが足を踏み入れると水の波紋のように広がる。

      全てがあべこべの世界。鍵はナイフの刃先。無理やり入るには乱数勝負で。


    • 時間帯 夜は確実。昼等は不定期。
  • ローズマリー
    • ローズマリー=レイン(22,3歳)
    • 設定

      「ミシェル」という古ぼけた片腕で抱けるサイズの人形を所持。

      片腕で抱ける程度のミシェルという人形所持。よく話す。精神はリンクしているのか時折ロゼが黙っている本心を暴露することも。

      性格は好き嫌いがはっきりしている。現実世界には必要があれば顔を出すこともあるが無関心。エディが大好き。
      記憶の間は様々な音楽が統制がなく流れ雑音に近く感じるが、一つ一つはきれいな旋律。

      彼女がタクトを振るえば音は統制され美しいメロディに。
    • 身体的特徴
      • 美しいらしい(セシリア談
      • 華奢で女性らしい体型。背はそう高くない。
      • 瞳の色は翡翠。
      • 基本的にはグラフィック通りの容姿で、スカートはベストと同色のフレアスカート。
    • 縁故(名前/カテゴリ)
      • アーヴァイン/好き:一方的にだが敬愛の念を示す
      • ステラ/嫌い:母性で天使である彼女が他者に弄ばれているのが何だか気に入らない、というずれたベクトルで嫌っています。
      • シャーロット/好き:甘えられて甘やかす関係。
      • セシリア/嫌い:行動や性格、色々と気に入らない。
      • ニーナ/好き:ミシェルの話し相手で自分も話す。
      • ナサニエル/好き:自己をキャラクターとして扱う彼が興味の対象で、同時に性格や傾向から親密度に関わらず一番信用している
      • ヒューバート/嫌い:エディと父性をわけあう片翼であるのに何となく嫉妬があるやもしれず、しかし好色な様子は好きではない。彼女にしては珍しい「ちょっとキライ」というカテゴリに分類される。
    • 記憶の間
      • 無数の音や音楽が入り乱れていて、慣れない人は雑音に聞こえる。
      • ロゼがタクトを振るえば室内の音は統制された美しいメロディに。
  • ギルバート
    • ギルバート・ザ・トワイス(26)
    • 設定

      キャラグラ同様バンダナ着用。右半身だけ赤いジーンズの上下。通常一人の時はギターを弾き続けている。

      現実世界での凶行の際には、しばしば生首を弄ぶ。

      脳裏に、「syrinx(by debussy)」が流れると凶暴な衝動にとらわれる。

      さすがに、他の人格に危害を加えたことはないが、その恐れはあると、自ら警戒している。
  • 身体的特徴
    比較的大柄。爪はギターを弾く関係上、きちんと手入れされている。
  • 縁故
    • セシリアとは仲はよい(妹分か友達、と。)
    • ローズとの関係も良好。ただし、彼女の記憶の間には笛の音が流れることもあるので、自分からローズの記憶の間には足は運ばない。

      ローズが自分の記憶の間に来てくれる分には無問題。
  • 時間帯 基本夜。




参考資料

  • 24人のビリーミリガン
  • 多重人格探偵サイコ
  • ハンニバル
  • ザ・セル

コメント

赤ログでの襲撃説明等を含め話し合いは基本此方[外部リンク]

  • 26日開始はずらされる可能性はないのでしょうか? -- 2008-03-25 (火) 01:24:05
  • 回答が遅くなり申し訳ありません。一応は26日の予定ですが人数が集まらなさそうで村立て人もそもそしております。参加予約の方の都合に依り開始を早める予定は今のところありませんが、参加中の皆さんさえ宜しければ開始を遅らせる事は可能です。 -- tyunyan? 2008-03-25 (火) 14:47:46
  • プロローグを拝見してて結構話や縁故が進んでいる所が少し参加し難いかな、と思ってしまいました…。 -- 2008-03-25 (火) 18:52:47
  • 28日か29日頃に参加させていただきたいんですが。難しいですか? -- 2008-03-26 (水) 00:33:10
  • 新規参加者さんも入れるように縁故の調整は可能だと思いますよ。因みに私は開始時期遅らせても大丈夫です。 -- 参加者? 2008-03-26 (水) 01:46:26
  • 開始時期ずれ込んでも大丈夫です。縁故や話が進んでいるのは感じていました、ご指摘があったことで改善されるのではないかと思います。 -- 参加者2? 2008-03-26 (水) 09:22:42
  • 上記リンクの掲示板を確認頂ければと思います。 -- tyunyan? 2008-03-26 (水) 14:40:55
  • 吊り襲撃に関して若干加筆しました。参加者各人は確認しておいて下さい。 -- tyunyan? 2008-03-26 (水) 14:49:12


リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team[外部リンク]. License is GPL[外部リンク].
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji[外部リンク] Powered by PHP 5.3.3