リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 

更新点

2017/11/02
・開催日を確定しました。
2017/10/19
・開催時期を1月下旬に決定
・チップセットを決定(キャラ設定の項を参照)
2017/10/12
・開催国を三日月国に決定
2017/10/09
満員御礼。
・注意事項のキャラクター設定に、デミ・サーヴァント関連とクラスについてを追記。
・更新時間08時に決定(08時10票、25時0票)
・開催国の候補を選定(議事RP/三日月国/深海国/ぐだ国)
・村建てとの連絡手段をCO表に追加(各位、追記ください)

Fate/Garbled Oath

曰く――、

この世から戦いが消えることはない。
この世から武器が消えることはない。

定命の者は螺旋の如く
戦い続けることが定められている――、

――人類の発展は、戦いによるもの。
飽くなき闘争本能こそが、人類の定め。
自然環境と、他の生物と、同族と――限りなき戦いを経て、人類は星を手にした。

――歴史というものには、元来、一定の修復力が備わっている。
ある方向へと流れ、多少のことでは左右されないものではある。
だが、限りなき戦いの系譜のなかには、稀に。
ただの一戦で、その後の歴史を左右するような戦いがある。

つまるところ、現在までの歴史を辿るための、いわば歴史の分岐点たる戦い。

仮に――仮に、この分岐点の幾つかで、勝敗が逆転していたら。
その結果、善しにせよ悪しきにせよ――人類の歴史は、大きく変わってしまうだろう。

村の設定

  • この村の趣旨
    FGOこと『Fate/Grand Order』風味のバトル村です。
    歴史上の著名な戦いを舞台に、
    殺したり殺されたり、死んだり死なせたりします。
開催国三日月国
定員16名(ダミー込み)
更新時刻AM08時更新
更新間隔48H
投票方法無記名
役職配分自由設定
参加制限参加用パスワード必須
チップセット後述
発言制限多弁(1500pt)
開始方法手動開始
文章系未定
ランダムなし
役職希望有効
ID公開なし
屍食鬼化なし
閲覧制限18歳以上/グロあり
企画人migya

はじめに

・Fateシリーズの世界観の基本レベルは理解している方を前提としています。
・とはいえ、あくまでFGO「風味」です。
 TYPE-MOON作品の世界観・設定に強い拘りのある方はご遠慮ください。

村の流れ

■プロローグ
――2015年。魔術機関カルデアは、機関所在地以外の人類世界すべての時空が歪んでいることを察知した。
混沌と混乱、変化と変容、異形と異端――すべてが安定せず、揺らぎ、消失の間際にあるという。

過去の時空間に生じた異変。
事態の原因らしき特異点を突き止めた機関は、
異変を調査する戦力を万全に整え、特異点へと送り込んだ――はずだった。

だが――特異点に転移したサーヴァントたちの大半は、その傍に己のマスターを認められなかった。
状況も判らぬままに、襲い来る様々な敵に対応して戦うことを強いられていく。

――通信の回復、判明する状況。
何者かの破壊工作によって転移機器が爆破され、彼らが契約したマスターたちは重傷を負ったという。

だが、この特異点の歴史は既に改変されつつある。
それを正しいかたちに戻せるのは、こうして現場にある英霊たちのみ。

かくて――召喚者を失った英霊たちは、岐路に立たされる。
誓約の言葉を守って、人類史のために戦うのかどうかと。

無論、多くの英霊は、誓いを果たすだろう。

だが――破壊工作は、爆破のみではなかった。
そも、魔術協会の粋を集めた秘密機関において、破壊工作が起きるという意味とは。

そう――、歴史の改変に協力する、内通者の存在。
その勢力は、用意されたマスターのなかにも及んでいた。
彼らは己の目的のため、己のサーヴァントに対しても。
或いは懇願して、或いは虚言を弄し、或いは令呪をも遣い――歴史への叛逆を命じていた。

かくして――英霊同士の戦いが、幕を開ける。

■1日目以降
人類の歴史を守るため、
古今の戦場で英霊たちは戦い続ける。

歴史の鎖は、戦いの鎖。
その継ぎ目を断たれぬようにと、戦神に供物を捧ぐ。

※以降の舞台は、ランダムで以下から選択します。
 各戦場にNPCが登場するフレーバーテキストを用意しますので、
 以下の戦闘に関係する英霊は、生前の自分や知己と遭遇する等の可能性があります。
 また、舞台と同地域で活躍していたり、参戦勢力と所属が同じなど、
 舞台に縁のある英霊については、その戦場において多少の+補正が入ります。

B.C.0480,Salamis
B.C.0202,Zama
B.C.0048,Farsalo
A.D.0312,Ponte Milvo
A.D.0778,Roncevaux
A.D.1066,Hastings
A.D.1204,Constantinople
A.D.1380,Kulokovo
A.D.1453,Constantinople
A.D.1683,Wien
A.D.1777,Salatoga
A.D.1805,Austerlits
A.D.1863,Antietam
A.D.1905,Manchuria
A.D.1940,Dunkerque

+  説明

注意事項

■キャラクター設定について
・英霊となる基準
 基本的には歴史上実在したか、あるいは、神話・古典・伝承上の人物となります。
 未来の人物は今回はNG。
 神霊・神仙そのままの召喚は不可となりますのでご留意ください。
 (アルテミスや上下姉様のように、サーヴァントという器に制限されます)
 近代の作品を出典とする人物については、まあ、FGOの世界観を崩さない範囲で。
 ホームズやフランくらいの有名どころなら問題ありません。岩波文庫クラスが基準でしょうか。
 デミ・サーヴァントは可ですが、特にメリットもデメリットもありません。
 不安がある場合は事前にご相談ください。

+  テンプレート

・クラスについて
 基本クラス7騎(剣槍弓騎術殺狂)+アヴェンジャー(讐)とします。
 その他のエクストラクラスを使用したい場合、事前にご相談ください。
 なお、FGOにおけるクラス相性関係は適用されません。
 また、村と赤が7VS7ですが、クラス被りの制限はありません。
 極論、「どきっ! セイバーだらけの聖杯戦争!」でも何ら問題は。

・マスター関連について
 本村では、カルデアないし黒幕からの魔力供給により、サーヴァントは十全の能力が発揮できます。
 
 なお、ト書きでマスターを随伴させるのは自由です。
 この場合、魔力供給にボーナスがあるほか、
 令呪や魔術によるサポートを受けられるメリットがありますが、
 大規模会戦の最中でマスターを守る必要があるという枷にもなります。
 その辺はトレードオフですので、各自にてご判断ください。

 マスターでの参加は可ですが、大規模会戦を舞台に英霊が入り乱れる戦場です。
 優秀な魔術師であっても、生身の人間が活躍できる範囲は限定されるものと思われます。

・宝具について
 特に制限はしませんが、収拾がつく範囲でお願いします。
 自分とバトルしていない相手を殺害する可能性のある広域宝具のご利用は計画的に。
 
 また、前述のとおりマスター不在でも魔力供給の心配はありませんが、
 供給量は一定なので、連発すればそれだけ消耗はします。
 流量が一定の川とダムの貯水量、放流の関係と思ってください。

・近現代関連について
 武装としての銃器は、FGO本編でも使用者が多いため、特に制限しません。
 ただし、神秘が浅いため、対サーヴァント戦では刀槍や弓より弱いとされています。
 同様に、新しい時代の火器ほど手数は増えますが、威力は落ちるでしょう。
 
 WW1〜2015年の現代兵器(艦船・航空機・装甲車両等)については、基本的に宝具としてのみ許可します。
 例としては、宝具発動で指定地点に艦砲射撃や空爆が行われるだとか、
 或いは、メドゥーサのペガサスのように、一時的に召喚して搭乗するなどです。
 
 常時それに乗って戦う、というのは不可と思ってください。

・舞台の転換について
 1〜2日ごとにランダムで転換する予定ですが、空気次第で。
 天声による舞台転換があっても、キリの良いところまでどうぞ。
 また、次の戦場に転移した際、相対位置が維持されるかどうかはお任せします。
 転移しつつ戦闘続行しても構いませんし、仕切り直しに利用しても構いません。

・キャラクターチップについて
 以下のチップセットを採用します。
  繋<つなたま>魂
  H)SOCIUS(A
  Cathedral
  古今東西
  ジランドール
  AtoZ
  かくりよ

・その他、留意事項
 マスター不在上等、かつ、舞台が歴史上の戦場になります。
 以上の前提によって、強みの一部が削られるクラスがあります。

+  対象クラス

■レート@えろぐろについて
・えろ:別に制限はしませんが、舞台が戦場なので雰囲気を作るのは難しいかもしれません。
・ぐろ:無制限です。ハラワタぶちまけようが四肢がもげようがご自由に。

■投票・襲撃について
いずれもPL視点でお願いします。

なお、村建てNPCで一匹狼を入れますが、
これは赤過多での終戦防止のためなので、基本的に襲撃は行いません。
展開上、どうしてもここで3人落としたい等のコンセンサスがあれば考慮はします。

役職

一匹狼(村建て)
黒幕。赤過多による終了防止用のダミーキャラです。
フレーバーテキスト等で村建てが利用する場合がありますが、
投票・襲撃は基本的に実施しません。
決着のついた段階で、一匹狼を吊ってエピローグとなります。

首なし騎士(4〜7名)
歴史改変を目指すマスターに召喚された英霊です。

囁き狂人(0〜3名)
黒幕に協力し、歴史改変を目的とするマスターです。

村人(7名)
人理修復を目指すマスター、
あるいは、それらのマスターに召喚された英霊です。
(マスターはMAX3名とします)

禁止事項

・本編の掛け持ち(プロエピは黙認)
・過度の戦闘回避(バトル村なので)
・過度の確定描写

基本的には、明記する禁止事項はあまりありません。
闇落ちでも光落ちでも、なんでもどうぞ。

推奨事項

・ブチころす
・ブチこわす
・ブチまける

・以上の3ブチをモットーに、明るく楽しく殺し合ってください。
・NG等はメモで明記して自分で身を守ってください。

開催時期

1/25(水)夜に村建て。
1/28(土)に開始とします。

CO表

NOID連絡手段コメント
01dammy
02tenyouずざー!
03harutorekiTwitterしゅたっと!
04雨京Twitter1月中旬と3月上旬以外なら/全力見切り
05simotukiTwitterずささー
06gomidame青鳥@uwaaaamoeteru来年なら大丈夫なはず。よろしくお願いします。
07nambaTwitter or 人狼SNS今のところどの時期でも
08水底青鳥@ssm__comざざっと見切り失礼します。
09シスマTwitterそっと着席。来年希望です
10(so)さくっとCOします
11さーて、どの英霊にすっかなー
12ほるむTwitter@holm_werewolf見切りで……!
13mimu175rTwitter見切りこそ運命<Fate>
14laetitiaTwitter見切りですがずさっと。
15migya村建てです。
  • 村建て連絡先
    Twitter:migya_m
    Skype:zenjoo@hotmail.com
    人狼SNS:前城@みぎゃ
    ※Skypeおよび人狼SNSは確認頻度が低いので、
     ここのコメント欄で送った旨を一言追記いただいたほうが安心です。

コメント


リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team[外部リンク]. License is GPL[外部リンク].
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji[外部リンク] Powered by PHP 5.3.3